車売却時の金額を見据えて購入するやり方

自動車の色というのは、売却額に大きく影響する場合があります。全く同じ車種でも、色が異なっていると売却額も異なってくるからです。

例えばAという車があるとして、色はそれぞれ黒とピンクだとしましょう。一般的には黒の方が、人気カラーですね。そして販売金額は、どちらも同じだとします。

ところが販売額が同じでも、売却額は異なってくる場合があります。年数が経過すると、不人気カラーは売却額が大きく下がる事があるからです。
例えば上記の車Aですが、Bさんという方が黒い色のAを購入したとしましょう。そしてCさんという方は、ピンク色のAを購入したとします。ちなみにどちらの車も、販売額は300万円だとしましょう。

そして数年が経過したとします。この時に、BさんとCさんが持っている車の売却額は大きく変わっている事があるのです。例えばBさんが持っているAという車の場合は、200万円台だとします。ところがCさんが持っているAの場合は、100万円台といった具合です。

なぜこのように売却額が変化するかというと、単純に人気の問題です。Bさんが持っている車の場合は、もちろん人気カラーの黒ですね。ですので多少年数が経過しても、売却額がそれほど落ちない事も多いのです。それに対してCさんが保有しているピンク色の場合はあまり人気がありませんので、100万円台にまで落ち込んでしまう事がある訳ですね。
という事は、明らかにAさんの方が得をしている訳です。つまり車の購入をする際に、車買取の事も考えるのも1つのやり方なのです。
http://alphard-k.com/

目先の金額すなわち300万円だけを考慮すれば、単純に好みの問題で黒かピンクを選ぶことになるでしょう。しかし将来的な売却の事も考慮するとなると、黒い色を買う方がお得になる事もある訳ですね。
このように車売却時の金額というものは、購入時の判断に関わってくる事がある訳です。

Leave a Reply